こんにちは。
武田塾大井町校です。

突然ですが、
あなたは早稲田に入りたいですか?

もし、そうなら、今年から
新思考入試が実施されるのは
知ってましたか?


 

知っている人も多いとは
思いますが、

「えっ何それ?」

という人のために
ご紹介します。

 

早稲田の新思考入試って何?

 

新思考入試には
「地域連携型」というのと、
「北九州地域連携型推薦入試」
2つがあります。

「北九州地域連携型推薦入試」は
「基幹理工学部において、指定校
推薦入学試験の一形態として」
実施されますので、

大井町、品川、川崎周辺に
住んでいる人には関係は薄い
ですね。

 

場合によっては、
「私は北九州の高校に入って
この推薦入試で早稲田に入りたくて
たまらない!」

という稀有な人がいるかも
しれませんが、、、

 

親御さんの転勤なんかで、
行く北九州に移動することになり、
地元の高校に編入することで、

「あれ?
ひょっとして早稲田の基幹理工
学部に入りたい私は、この
北九州地域連携使えるんじゃない?」

となることも、
無いとは言い切れ無いですが、、、

 

ひとまず、置いておいて
「地域連携型」の方について
見ていきます。

 

新思考入試「地域連携型」とは?

 

早稲田大学入学センターは、
求める人材像等を次のように
言っています。

・求める人材は
「グローバルな視野と高い志を持って、
社会的・文化的・学術的に地域へ
貢献する意識を持った学生」

とのことです。

例えば、地元の交通渋滞という現象が
あったとして、どんな風に展開すれば
良いでしょうかね、、、

グローバルな視点で考えてみて、例えば
Uberみたいなサービスを考えることで
環境問題や移動の効率化なんかを考える
なんてのも当てはまるんでしょうかね、、、。

 

 

この制度では
「すべての都道府県からの受け入れを目標」
としているそうです。

いろんな地域の文化に触れられて
面白そうですね。

 

また、入ってからは、
「所属学部の学びに加え『地域への
貢献』をテーマとした全学共通の活動を
行うことで、当入試出願に至った志を
入学後の学びにつなげる」
そうです。

受かるためにだけ準備した推薦入試とは
違うんですよ、ということのようですね。

このアイデアは、自分の将来の展望が
ある程度はっきりとした上で、
どこで何を学ぶ必要があるか?
と考えることになりますね。

 

「地域連携型」の募集学科と選考プロセスは?

 

そして、この「地域連携型」で
応募できる学科は次の5学部です。

入学定員は若干名募集とのことです。

・文化構想学部
・文学部
・商学部
・人間科学部
・スポーツ科学部

 

で、応募するとなったら注意が
必要なのが選考プロセスです。

1次試験、2次試験、
そしてセンター試験がある
というんですね。

 

そしてそして、出願期間が
8月21日(月)から 9月5日(火)
【締切日消印有効】まで

あまり間がありません。

「ちょっと興味出てきたから
 もっと詳しく知りたい!」

という方は早稲田大学
入試センターのHPで調べて
見てください。

早稲田大学HPを確認してみる

 

それでは今回はこの辺で
終わりたいと思います。

この試験に応募したい人、
武田塾大井町校は
応援しますよ!