こんにちは。
武田塾大井町校です。

今回は前回に続き、
早稲田大学の新思考入試、
2次選考についてお伝えします。

 

新思考入試、2次選考のサンプルを分析!

 

2次選考ではどんな問題が出る?



(https://www.waseda.jp/inst/admission/assets/uploads/2017/04/20170512_wacel_sample.pdfより引用)
*注意:実際に2次試験出題されるものとは異なりますので、注意してください。

 

この画像は早稲田の新思考入試、
2次選考のサンプル問題です。

質問されていることの
ポイントは何でしょうか?
簡単にまとめると次の3つです。

1)あなたは何がもっとも重要な課題だと考えますか?
2)なぜそれが重要な課題と言えるでしょうか?証拠は?
3)では、どうすればいいとあなたは考えますか?

 

では、そもそも2次選考でなぜ
こんな出題がされるのか?

この点について、入試要項では
次のように書いています。

 

「多様なデータを含む資料等から
課題を読み取り、対応策を含めて
論理的文章を作成
すること」

つまり、このような出題をすることで
総合的な論理的思考力」が分かる
と考えているということです。


 

さらに、地域連携入試のポイントは、
大学に入る前、入った後、卒業後も
一貫して地域の問題解決に貢献すること
が前提
ですので、

解決策の提案についても、机上の空論、
ジャストアイディアのものではなく、
地に足のついた考えが重要です。

 

その辺りも踏まえて、
入試要項を見てみましょう。

入試要項では、出題意図や、
評価ポイント、分量について
解説されています。


(https://www.waseda.jp/inst/admission/assets/uploads/2017/04/20170512_wacel_sample.pdfより引用)

 

2次選考ではどんな問題が出る?

こうした問題に対して、
対策をするとすれば
何か方法はあるんでしょうか?

 

例えば、論理的思考力を鍛えるためには
国語の現代文が良いですね。

どんな参考書を使って勉強するかと
言うと、武田塾の標準ルートでは

「田村のやさしく語る現代文」

「入試現代文へのアクセス」

などをおすすめしています。

また、記述式の問題なので、
自分の考えをまとめ、説得力ある
書き方をすることが必要です。

ですから、小論文の勉強対策
していくことになるでしょうね。

 

武田塾のルートで言えば、
「やさしく語る小論文」や、

「吉岡のなるほど小論文講義10」

などの参考書を使います。

 

これらの知識、スキルを磨きつつ、
あなたが世の中のいろんなことに興味、
関心を抱くこと
がとても大事です。

関心を抱いたら、自分で調べたり、
すでに取り組んでいる人に会いに
行って見たり、活動に加わったり・・・

何か行動をすることが大事
だと思います。

以上参考になれば幸いです。

 

もっと具体的に何をどんな順番で
勉強したらいいか知りたい!

と思ったら気軽に連絡をください。

無料受験相談で、
あなたが困っていること、不安なこと
解決したいことを幅広く伺います。

 

また、7月15日までの期間限定で
毎週土曜日開催の受験相談に申し込み

してくれたら、
8月中自習室使い放題
となっています!

 

勉強場所、変えるのもすごく刺激に
なりますよ!

ぜひ今すぐ申し込みをしてくださいね。

申し込みはこちらから

 

早稲田大学新思考入試の他の記事も
読んでみよっかな〜と思ったらどうぞ

早稲田の新思考入試 知ってましたか?
早稲田大新思考入試 1次選考の応募書類、課題内容は?